求人情報

代表あいさつ | 先輩からのメッセージ(店舗) | 先輩からのメッセージ(工場)
サンドライの社内行事 | サンドライの研修・会議 | 募集情報

求人への応募を検討しているあなたへ

サンドライが、正社員の募集をします。
募集するのは、店舗スタッフ(マネージャー候補)と工場スタッフ(責任者候補)。
前者には将来的に複数店舗を管理する人材に、
後者には将来的に工場の責任者になってもらいたいと考えています。

現在のサンドライの準社員・正社員は、パートスタッフからキャリアパスした人ばかりです。
それは、私たちの会社が一人ひとりの働き方やライフスタイルを尊重しているからこそ、
各スタッフの希望に応じた役職に就いてもらってきました。

今回、会社として初となる正社員募集を行うのは、会社のさらなる成長を目指してのこと。
栃木県内で18店舗を展開するサンドライでは、
より多くの土地で、より多くの人の笑顔と幸せな時間を生み出したいと考えています。

新卒・中途、2つの枠から募集します。性別・経験は問いません。
でも、「チームで行動することのすばらしさと大変さをわかっている人」
「受け取った優しさを別のだれかに返せる人」「向上心のある人」が、
サンドライには合っていると思います。

スタッフの成長が、会社の成長です。ともに同じ夢を見てくれる、
家族のような仲間になってください。
一緒に、地域で一番喜ばれるお店・会社をつくりましょう。
あなたからのご応募を、心からお待ちしています。

↑このページのTOPへ
先輩からのメッセージ(店舗スタッフ)

・大事にしているのは、笑顔と気遣い
サンドライが大切にしているのは「笑顔」。店舗のマネージャーを担当する立場としては、
実務経験よりも笑顔がすてきで明るく元気な方に入社していただきたいと思っています。
というのも、私がサンドライに入ったのも、求人誌に載っていたスタッフの方たちの笑顔が
とてもすてきで「ここで働いたら楽しそう」と感じられたから。

そのほかにも大切なのは、お客さまやスタッフで困っている人がいれば、
さっと手を差し伸べられることです。最初はできなくても、
周りのスタッフを見ていく中で次第にさりげない気遣いができる人になってもらえればと思います。

・「だれかが困っていたら、だれかが助ける」
私はスタッフへの研修も担当していますが、大切にしているのは「大丈夫」という言葉。
これは、新人当時の私が失敗をした時に、上司から掛けてもらった言葉。
今までの職場だったら怒られていたような場面で「大丈夫だよ」と言ってもらえたことが、
今でも心に残っています。「だれかが困っていたら、だれかが助ける」
――そんな社風を私たちが受け継いでいくことで、笑顔の絶えない会社にしていきたいです。

サンドライは女性が多い会社なので、子育ての悩みなどを相談できる相手が
見付かりやすい職場だと思います。
仕事の役職に関係なく、人生の先輩・後輩として気兼ねなく話ができるのもこの会社の魅力ですね。
スタッフは明るく前向きで、自分が落ち込んでいる時があっても、
自然と周りに引き上げられる。そんな会社です。

・頑張れば頑張った分だけ評価してくれる
年に2回、自分で目標を決めるんですが、それを達成できているかどうかを
上司がちゃんと見てくれていて、頑張ったところはしっかり評価されます。
教育制度がしっかりしているので、クリーニング業の経験がなくても大丈夫。
実際、私もそうでした。元気と明るさがあれば、
あとは周りがフォローしてくれますので安心してください。

マネージャーの仕事
■担当店舗の売り上げの確保と分析
■従業員の教育
■販売促進イベントの企画・実施

↑このページのTOPへ
先輩からのメッセージ(工場スタッフ)

・チャレンジできる会社です
現場の視点からお話しすれば、新卒・中途の採用ともに重視しているのは人柄です。
素直で、しっかりとあいさつができて、何事にも一生懸命で、
プラス発想で頑張って、家族や仲間を大切にできる人。
同業種での実務経験は特に求めていません。
僕も未経験で入社して、昨年鹿沼事業所の所長になりました。

サンドライは、自分で「やりたい」と言ったことに挑戦させてくれる懐の深い会社。
店舗直営の自社工場ということもあり、本社との風通しが良くチャレンジできる環境があります。
人として成長できますし、そういう経験を積むことで精神的に自立することができる。
「上司がいないと不安」ということがなくなるんです。
技術的に成長して、心も成長する。それが自信につながっていきます。

・大切な思い出づくりのお手伝い
いろいろな職種がある中でも、クリーニングの工場スタッフは
たくさんの人たちの生活に密着した仕事です。
汚れた服をきれいにすることで、クリーニングに出してくださったお客さまの心まですっきりできる
――そんな風に思います。結婚式の時に着るようなフォーマル服やドレスの場合、
その人たちの思い出づくりに携わっているようで、うれしく思います。
自分のこの手で、きれいにするわけですしね。

・日本で一番輝くクリーニング工場に
太陽のように、日本で一番輝いたクリーニング工場になるためにも、
技術面はもちろんスタッフ一人ひとりが輝ける環境づくりを目指しています。
男性はもちろん、働く女性のいきいきとした姿を応援していきたい。
技術も人もNo.1で、同業の見学者が全国から殺到するような
最高のクリーニング工場を、一緒につくりましょう!

生産管理の仕事
■クリーニング品の洗浄
■仕上げ方法の教育
■機械メンテナンス
■品質向上の立案と実施
■生産性の向上

↑このページのTOPへ
サンドライの社内行事

サンドライでは、スタッフの誕生日を毎月お祝いしているほかにも、
さまざまな行事を通じてスタッフとスタッフ、スタッフと地域の方たちとの親交を深めています。
サンドライの社内行事

↑このページのTOPへ
サンドライの研修・会議

サンドライでは、スタッフのキャリアアップの段階に応じた業務をスムーズに行えるように、
さまざまな研修や会議の場を設けています。

・ルーキー研修
サンドライの理念を理解してもらうためにDVDを見るほかにも、
当社の代名詞でもある「とびっきりの笑顔」と接客のノウハウを、
コーチングスタッフが教えます。工場スタッフの場合、
基礎研修に続いてクリーニングの基礎知識を学びます。
合計80時間に及ぶルーキー研修を終えると、
新人としての研修期間を終え、晴れて独り立ちすることができます。

・リーダー合宿
毎年9月中旬に行われる宿泊研修です(2015年は広島合宿)。
企画会議出席者の中から、チーフ・マネージャーが推薦したサブリーダー以上のスタッフが参加。
チームで助け合う事の大切さを知り、お互いを認め合うための場でもあります。
仕事の話題以外にも、バーベキュー大会や現地の観光など、楽しい時間も待っています。
寝る間も惜しんで限られた時間を楽しもうとするスタッフたち……みんなアクティブです。

・企画会議
毎月の定例会議で本部・各営業所・工場・事務所の代表が集まり、各部門の業績発表や来月の取り組み、
部門の枠をこえた相互の協力関係の強化、各種提案、改善などについて話し合います。

内容によっては、外部の講師をお招きしての講演会や勉強会などもあります。
会議中はプラス言葉と賞賛の拍手、ジョークと笑い声に包まれたながらも、
しっかりとした芯を中心に進んでいきます。

・総会
全スタッフが集まり、会社としての年度の動向を決める「総会」は年に1度の大イベント。
同会の企画・運営をはじめ、事前準備から当日の進行も各スタッフが担当し、
経営理念や各営業所の営業目標を発表します。

そのほかにも、各種表彰などがあります。特に個人賞の表彰は、社長賞をはじめ、
役職に付くスタッフから前年度に決定した理念に基づく活躍をしたスタッフの栄誉を称えます。
プレゼンターは感謝の気持ちを込めてメッセージを読み上げますが、心のこもった内容は感動的です。

第2部はスタッフ全員での昼食会。仲間たちとおいしい料理を食べ、
和やかに楽しく過ごすひと時は格別です。

↑このページのTOPへ
募集情報

・職種/仕事内容
【総合職】
店舗管理・エリア管理・プラント作業など、組織づくりに一から参加してください。

・雇用形態
正社員(試用期間あり)

・応募資格
高卒以上(新卒・第二新卒・他業種からの転職可)
要普通自動車運転免許

・勤務地
本店(宇都宮市)、鹿沼事業所(鹿沼市)

・勤務時間
9:00~18:00(実働8時間)
※職種により異なります

・給与
高卒月給18万円以上(一律手当含む)
大卒月給21万円以上(一律手当含む)

※試用期間の3~6ヶ月は月給15万円+手当
※役職付になることで、役職手当を支給。キャリアなどに応じて昇給します

・休日、休暇
週休2日制、夏期・冬期休暇

・待遇、福利厚生
社会保険完備、賞与年3回(夏・冬・期末)、車通勤可、駐車場あり、制服貸与、残業手当あり、 役職手当あり、産休・育児休暇あり、有給休暇あり

POINT ワークライフバランスを大切にします
女性スタッフが多いサンドライ。結婚や出産など、人生の大切な節目を迎えたときには、
スタッフが無理なく働けるように、ポジションはそのままで雇用形態を
正社員からパート雇用に変更するなど、短時間でも働ける環境を希望に応じてつくります。
育児などが落ち着いた後は、再び正社員として働いてもらう
――そんな柔軟な働き方をサンドライでは提供しています。

・応募方法
下記の連絡先までお問い合わせください。

■028-655-4577 担当/武田
(10時~17時)

↑このページのTOPへ